GCPでWordPressブログサイト構築 奮戦記(2)

GCP

Cloud DNSの設定

ここがわかりやすいかな。
【GCP入門編・第26回】 Cloud DNS でドメインの DNS レコードを作成しよう!

左上のメニュー「≡」の[ネットワークサービス]から[Cloud DNS]に移動。
[ゾーンの作成]をクリックして
ゾーン名:myohga
DNS名: myoh.ga
DNSSEC: オフ

ここまでの操作を行ったら、次にドメインレジストラ(ここではfreenom)に移動してネームサーバーを設定。
「レジストラの設定」をクリックすると4個のNameServerが表示されるので、それをfreenomに登録。
ns-cloud-d1.googledomains.com
ns-cloud-d2.googledomains.com
ns-cloud-d3.googledomains.com
ns-cloud-d4.googledomains.com

freenom設定

ここを参考:
Freenom で無料ドメインを取得する〜流れを画像で説明!

freenomにアカウントでログイン。
サイトのずっと下の小さい文字である My Domainsから、myoh.ga の Manage Domain をクリック。
Management ToolsのName Serversを選択。
custom nameservers (enter below)を選択し、上記4つのgoogle name serverを記述(コピペ)。

次にRegister glue recodsで
www.myohga.ga に GCP静的IP、xx.xx.xx.xx を設定して「+」をクリック。
(IPアドレスに空白をいれないように・・・)

freenom設定が反映されるのを(15分くらい)待ってから、上記のGCP ネットワークサービス、
ゾーンの詳細で「レコードセットを追加」。
種類:A
TTL: 5
TTL: Unit 分
IPv4アドレス: xx.xx.xx.xx
を設定。

10分ほどたったら、windowsのコマンドプロンプトか何かで
% nslookup myoh.ga
でIPアドレスが表示されるか確認。

nslookup myoh.ga
サーバー: UnKnown
Address: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
権限のない回答:
名前: myoh.ga
Address: xx.xx.xx.xx
などと表示されればOK。

同様に www.myoh.ga も同じIPアドレスでA種類のレコード登録しておこう。

つづく・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました